シナリオライター、フラボノ(別名義:蘇我真)のお仕事報告用ブログです。
仕事依頼はお気軽に furabono♪gmail.com(♪をアットマークに変えてください)まで

※蘇我真は、株式会社トミーウォーカーのPBWでマスター業務を行っていますが、マスター契約時の規約により、ここでゲーム内容に関する発言をすることはありません。

2016年05月27日

5月の仕事履歴

パワプロ三昧! 嘘です仕事してます! ごめんなさいごめんなさい!
先月の文章をコピペしましたが、実際同じです。ドラクエヒーローズ2やりたい。
そんなこんなで5月の仕事履歴をまとめました。

・女性向けソーシャルゲーム、フレーバーテキスト

仕事がポシャッたので、空いた時間で趣味のシナリオをちょこちょこやってました。
来月はなんか発表できたらいいなあ。
posted by フラボノ(別名義:蘇我真) at 21:26| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

パワプロ2016

延々と、栄冠ナインを、やってます。
時間があるときにちまちまと。内容的には2014とほぼ変わってないですね。
ゲームバランス変更で捕球Gだとエラーしまくるようになったのと、天才型がちょっと出やすくなったかなという印象はありますが……。
2014では守備重視の守りからリズムを作る、いわゆる守リズム野球をしていたのですが
今回は力こそパワーを目指した超破壊野球で全国制覇しまくってます。

その途中で出会った面白いランダム高校名をいくつか紹介します。
Cix2ZXXUYAA2B2s.jpg
さくら学院。実在するアイドルグループです。
栃木のさくら市+ランダム校名だったのでしょうが、偶然というのは怖いですね。

Cikts0wUoAAf6TC.jpg
栄冠ナイン特有の内陸県水産高校。水産高校は海のそばにあって、実習とかを海で行うイメージなんですが足利でどうやって実習するんだろう。

まだまだ全地域で全国制覇の道は遠い、空いた時間にちまちま頑張るぞ!
posted by フラボノ(別名義:蘇我真) at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

ドラクエ脱出ゲーム『竜王迷宮からの脱出』レポート

今週も生きてます。仕事が1つポシャったけど生きてます。
いつもは金曜更新なんですけど、今週は『竜王迷宮からの脱出』に参加したレポートを書きたくてこの時間になりました。
今回長いけど、きっと面白いから読んでみてね。

『竜王迷宮からの脱出』はドラクエの世界観を元にしたリアル脱出ゲームです。
もともとドラクエが好きだった&リアル脱出ゲームを経験してみたかったので、発表があってからすぐにチケットを予約して楽しみにしてたんです。
幸い12時のチケットが取れて、ワクワクしながら海浜幕張駅に降りると、そこはファンのるつぼでした。

・QVCマリンの野球を見に来たロッテファン
・幕張メッセでライブをするBIGBANGの女性ファン
・同じく幕張メッセでライブをするミルキィホームズのファン
・ドラクエ脱出ゲームをやりにきたファン

これでごった返すというカオス。ロッテユニ着た人がミルキィの物販に並んでたりわけがわからない。
まあそんなシーンを横目に会場入り。通された先にあったのは……ルイーダの酒場だ!
この脱出ゲームは複数人でパーティーを組み挑戦するので、ソロで来た私は仲間を集めなくてはいけません。
しかし私は学生時代に二人組すら作れなかったぼっちの男、ネトゲでもソロばっかりマンです。
どうしよう……困った私は酒場のスタッフさんにこう言いました。
「すみません、私初めてなんで経験者とやりたいんですけど……」
まるで風俗の無料紹介所みたいな相談にもスタッフさんはニッコリ笑顔で「なるほど。いい子がいますよ」と気前良く応じてくださり、たまたまその場に居合わせた方々とゆきずりのパーティーを組むことに成功!
スタッフさんに相談すれば私でもパーティーを組めるんだ、本当にありがとうスタッフさん!

それからロールプレイしたい職業を決めて、それぞれの職業に合わせた冒険の書(パンフレットみたいなもの)を渡されます。
私は僧侶でした。ネトゲでも辻ヒールマンですし天職。
この冒険の書にはそれぞれの職業に必要な情報の他、登場人物やモンスタ―情報など、パーティーで共有が必要な情報もランダムに散りばめられています。これを話すことで自然とパーティーの交流を深められるようにできてるんですね。考えられてるなあ……。

冒険を開始して、最初らへんの謎は簡単でしたが、徐々に謎の難易度が上がってきます。
また、幕張メッセの2ホールを行ったり来たり移動するので、思ったより疲れます。
あとネタバレになるので詳しくは言えませんが、一度解いた謎もそれきりの使い捨てではなく、二度三度謎解きに使ったりとパズル要素が面白い!
身体をはったりするアトラクションもあったり、ドラクエリスペクトも良かったですね。
そこらへんにあるふくろを調べるとうしのふんを入手できたり、返事が無いただのしかばねが転がっていたり、トイレの鏡もドラクエで調べたときの反応メッセージが書かれている凝りようです。
それと、ムービー中の文言もドラクエの書式を守ってるのが個人的に好感触。

たとえば普通のゲームテキストだと
*「ここはラダトームの城だ」
なんですが、ドラクエのテキストは
*「ここはラダトームの城だ。
とカギカッコを閉じないんですよ。ここ再現するんだ、と。
ドラクエテイストがバッチリなので、職業柄テキストが気になる人間でも安心!
スタッフさんのNPCロールプレイも気合い入ってましたね。毎回「こっ、これは××!」と驚く兵士は大変そうでした。
それと参加冒険者が多すぎてほこらが最大手になっていて、ほこらの神官が「ここは●●のほこら最後尾でーす!」と案内してたのは笑いました。

そんなこんなでようやくラスボスに挑むぞ、といった時点で冒険開始からなんと3時間が経過していました。
一度ラストダンジョンに突入すると戻ってこれないというRPGのお約束もあるので、一旦ルイーダの酒場に戻ってフードコートで休憩することに。
ドラクエという共通の話題があるので話しやすいのも良かったです。
ウチのパーティーはみんなドラクエXやってたので、今はどうなってんすか、みたいな話題で盛り上がったり。
仲間の方がバス会社の人で、前日22時まで仕事してから夜行バスでこっちに来たとかいう話を聞いてすごい根性だなあと思ったり。
そこからリアル職業か、まあ自分も隠すもんでもないしとゲームのシナリオライターやってますと自己紹介。
別の仲間「僕は声優やってます

(´ω`)!?

え、声優さんってこんなところに普通にいるの? マジかよと動揺しましたが、良く考えてみたらバス会社の人のほうが「組んだ仲間が声優とシナリオライターだった」という驚き度は高かったのではないかと心中を勝手に察することで心の安定を図りました。

声優さん「どんなゲームのシナリオ書いてるんですか」
私「えっと、サモンナイトシリーズってわかりますかね」
声優さん「ああ知ってます知ってます!」
私「声優さんはどんな声の仕事してるんですか? 洋画の吹き替えとか……」
声優さん「●●ってアニメの……」
私「ああ知ってます知ってます!」
というか後でwikipediaで調べたら今朝ちょうどバンダイチャンネルで見てたアニメでも出演していたという。
脱出ゲームとは無関係なところで奇跡が起きていました。

まさか業界人と一緒になるとは思わなかったですが、1時間ほど休憩してラスボス戦開始。
いきなり謎のレベルが上がりました。
今まで制限時間もなかったのですが、ラスボス戦は制限時間あり。
時間内に解けないと脱出失敗ですが、1000G(1000円)を教会で支払うことにより復活、以降は何度でも再挑戦できるシステムです。
で……いやー、無理でしたね。時間切れで失敗でした。
ここまできて失敗で終われるか、とみんな1000Gを支払って再挑戦!
最近スマホでもよくやっている、課金して金の力でゴリ押しクリア作戦です!!
そして復活したとたんに優しくなるスタッフさん。試験中、テストを見て間違っているところをこっそり指摘してくれる先生みたいな温情もあり2回目は無事にラスボスを倒すことに成功しました!

で、エンディング。ホールを出て、物販で記念グッズを購入したりしたらなんと挑戦から5時間が経過していました。歩き疲れて身体にも心地よい疲れと眠気が。
さすがに5時間も一緒に同じ目標へ向かって努力した仲間たちとは固い絆が芽生えました(一方的に思っているだけかもしれない)。
また脱出ゲームのイベントがあったら一緒にやりましょうと約束して別れましたとさ。

今回、リアル脱出ゲームでの反省点:
・消しゴムを持ってくる。ペンはあっても消しゴムがすぐ取り出せないと不便。
・リュックを背負ってくる。両手を使ったりアクションもあるので手提げカバンだと邪魔になったりした。
名刺を持ってくる。業界の方とご一緒したときに名刺交換しようとしても無いことに気付いて困る。

一般的に最後のはさすがに考慮しないでいいと思いますが、参考程度に。
とても楽しかったので、リアル脱出ゲームにハマってしまいそうです!
posted by フラボノ(別名義:蘇我真) at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする