シナリオライター、フラボノ(別名義:蘇我真)のお仕事報告用ブログです。
仕事依頼はお気軽に furabono♪gmail.com(♪をアットマークに変えてください)まで

※蘇我真は、株式会社トミーウォーカーのPBWでマスター業務を行っていますが、マスター契約時の規約により、ここでゲーム内容に関する発言をすることはありません。

2017年04月28日

Song Of Memories発売されました!

C-gC7OUVYAA8ZVl.jpg
一部シナリオを担当したSong Of Memoriesが今週4月27日に発売されました!
初めて話を伺ったとき、まず「コンシューマーギャルゲーの多くがエロゲーのエロ抜き移植ばかりなこの昨今、オリジナルでギャルゲーを作る」という心意気に感動したことをよく覚えています。
エターナルメロディ、サクラ大戦……さまざまなコンシューマーギャルゲーに私は青春を救われてきました。
幼なじみに生徒会長、お姉さんにお調子者の親友……安心感のある日常学園モノから、急転直下の重くシリアスな話。
心が揺さぶられることになると思います。それでも最後まで遊んだとき、あのころの私みたいに、プレイヤーの心に何か残ってくれたら……柄にもなくそんなことを考えながら執筆したものです。
さっそくちょっと遊んだのですが、キャラが本当によく動きますね。
キャラに命が吹き込まれた感じがする……。
あと天竺桂(たぶのき)が変換できなくて最初てんじくけいって書いて変換してた……。
すぐ辞書登録しましたけども!
曲も多いし本当力入ってるなあ、と……!
D4Uのライブ行ってCDも買っちゃいました(´ω`)
posted by フラボノ(別名義:蘇我真) at 22:05| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

アキバズビート

どうもフラボノです。なんとか生きてます。
なぜ午前3時にブログを更新しているのかというと、前夜23時には終わるだろうと踏んでいたアキバズビートのトロコン作業が押しまくったせいです。

アキバズビート。アキバストリップと同じ流れを組むゲーム……と思ったら、ジャンルがアクションからRPGに変わっていました。
でも、過去作を彷彿させる描写もあったりします。秋葉原の自警団設定とか。
内容としてはテイルズっぽい戦闘システムのRPGなんですが、序盤からとにかく超だるい!
1度クリアしたダンジョンに再び潜らなきゃいけなかったりするのは日常茶飯事、同じダンジョンを入口から最奥まで4往復くらいしたときは四国八十八か所巡りかと思いました。こういうときに限ってダンジョン脱出アイテム使えないようにしてるし!

ストーリーはまあだいたい予想通りだったので特になんもないんですけど、1点だけ。
冒頭も冒頭、最初に出会ったキャラモデル付き猫耳メイド(本作ではモブキャラはシルエットのみになっております)が本編には一切関係がないという事実には度肝を抜かれました。
後々仲間になるのかな、それとも敵かな、ヒロインだったりして? なんて予想を遥かに裏切ってくれました(クリア後に仲間になるんですけどね)

1周して、クリア後ダンジョンも踏破して……トロフィーを見たら98%。あと1個、トレカマスターというトレカを全部そろえることで手に入るトロフィーを取るだけでトロフィーコンプリートだ!
そう思ってゲーム内でトレカを購入して中身を改め始めたんですが……それが罠だったとは……。
たった143種類のカードがそろわない……!
とにかく一部のURが出ない。トレカの売値を見るに同じURでも格差があるようで、とにかく低確率で絞ってくる。
結局コンプには4時間かかってゲーム内通貨は1000万円ほど持っていたので大丈夫かと思ったら、クリア時には400万円にまで減っていました(1回5枚引けて5千円・SR以上確定のは20万円)。

今回の教訓:ガチャは危ない
posted by フラボノ(別名義:蘇我真) at 03:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

マストドンを触ってみた感想、メリットとデメリット

フラボノです。今週はちょっと大変でしたがなんとか生き延びました。
今週の話題は、ポストツイッターとにわかに騒がれ出したマストドン。
すでにアメリカ本国で建てられたサーバーよりも日本のサーバーのほうがアカウント数が多いとかなんとか。
流行りものには飛びつけ! ということで私も今日登録してみました。

まず一番の特色というのは、サーバーに登録するという点ですね。
IRCとかやっていた、いにしえのネットサーファーならわかると思うのですが、マストドンは個人がサーバーを立てています。
ツイッターは企業が運営する1個しかありませんが、マストドンは同じシステムを多くの人が立ち上げることができるわけですね。
使い方はツイッターと似たような感触で、誰もフォローしなくてもローカルや連邦のタイムラインを眺めることができます。ちょっと眺めていると滝のようにコメントが下へとなだれ落ちていく……玉石混合といった有様で見ているだけでも楽しいですね。
それで1日ちょっと使ってみてですが、感じたマストドンのメリット・デメリットを書いておこうと思います。

●メリット
・折り畳み機能はネタバレ防止に!
マストドンにはトゥート(吠える、ツイッターでいう呟き)時にCWという機能を使うことができます。
これは折り畳み機能で……文字で説明するより見るほうが早いですね。こちらをご覧ください。
新しいビットマップ イメージ.png無題.png
こんな感じでクリックすると本文を展開することができます。ゲームやアニメなど、好きな作品について語りたいけど、ネタバレになってしまう……そんなときにCWで注意書きをつけて語れるのはありがたいです。
うっかり見てしまった、なんて事故防止にもなりますし。

・文字数が多い
ツイッターは1投稿140文字なのに対してマストドンは1投稿500文字。
これはメリットといえばメリットですが、ツイッターでも140文字フルに使うことってあまりないので私的にはそこまでメリットでもないかも。
あ、でもAAとか貼れますよ。今日何回か見ました。

●デメリット
・重い
日本のサーバーはどうも個人が立てているものらしく、そこに日本人がこぞって登録したためすこぶる重かったです。これは企業のサーバーじゃないことのデメリットですね。
ツイッターは昔くじらが良く飛んでた? 知らん!

・宣伝には向かない
サーバー別に登録する関係上ツイッターに比べると人が少ないのに全体タイムラインは流れが速く、現状では告知や宣伝にはあまり向かないかなという印象を受けました。
ただ、全体タイムラインがある関係上、フォロワー以外にも宣伝を届けることができるというのは見逃せません。やりすぎるとウザがられそうですが、時間を置いて何度も宣伝すれば新規ファンを獲得できるかもしれません。

・人違いが起こりやすい、なりすまししやすい
これもサーバー別に登録するデメリットですが、違うサーバーなら同じアカウント名で登録可能です。
サーバーAにいる@furabonoさんとサーバーBにいる@furabonoさんは別人かもしれないわけですね。
これを悪用すれば有名人になりすますこともできてしまうでしょう。有名人にはきついかも。

とまあ、こんな感じですかね。
最後になりすまし対策で私のアカウントを明言しておきます。
https://mstdn.jp/ の@furabonoは私です。
ツイッターとの使い分けとかまだ考え中ですが、見かけたらよろしくしてやってくださいね。
posted by フラボノ(別名義:蘇我真) at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする